打撲でお悩みの方へ

打撲によくある症状

  • 打撲の
    応急処置
    が知りたい

  • 打撲か骨折か
    判断がつなかい

  • 打撲の痛みが
    なかなか改善
    しない

  • 日常生活で
    よく打撲を
    してしまう

ぶつけた場所によっては、緊急性が高い場合もあります

多くの方は、身体をどこかにぶつけてしまった経験があると思います。

打撲は、日常的に発生することの多いケガとなり、
あまり深く考えず、放置してしまうことも多いのではないでしょうか。

 

しかし、ぶつけどころが悪かったり、衝撃が大きいと骨折していたり
緊急性が高い場合もあります。

 

 

たかが「打撲」と考えず、ぶつけたときには適切な応急処置を行い
頭などをぶつけたときには医療機関に行くようにしましょう。

打撲改善メニュー Recommend Menu

症状や原因、注意が必要な打撲について

 

打撲は日常生活でもよく起こるため、それほど気にしない方も多いのではないかと思います。


しかし、打撲部位によっては重大な損傷を受けている可能性があるため注意が必要です。

 

【打撲について】

 

打撲とは、強い外力によって皮膚・筋肉・脂肪などが損傷を受けた状態を言います。

変形や出血がない場合は、外から見ても重傷度がわからず軽く考えることもありますが、臓器の損傷や骨折などの可能性があるので注意が必要です。

 

 

 

【打撲が起こりやすい状況】

 

打撲は、「物にぶつかる」「転倒する」日常生活のふとした油断がきっかけとなり発生します。

その他にもラグビーやサッカーなどの接触が多いスポーツは打撲が頻繁に起きます。

高齢者などは平衡感覚が低下し足腰も低下しているため、わずかな段差でも転倒することがあります。
骨ももろくなっているために、打撲が重症化しやすい傾向にあるので、注意が必要です。

 

【打撲部位の症状】

 

打撲部位やその周りの皮下組織や筋肉に、炎症や出血が起こります。
皮下出血(内出血)が起きている部位は、圧痛や腫脹、熱感があり、青紫色に変色することもあります。

 

また、打撲の特徴として、受傷直後よりもしばらく時間が経ってから痛みが生じる傾向があります。

 

【注意が必要な打撲部位】

 

頭部や目の打撲は注意が必要です。
頭部の打撲で、「吐き気」「めまい」「けいれん」「意識障害」などがみられる場合には、医療機関で検査を受けましょう。命にかかわる重大な損傷を脳に受けている可能性があります。

目の打撲は、軟組織である眼球が損傷してしまっている可能性があります。

また、眼窩底は薄い骨であるため、眼球自体は損傷を受けていなくても、眼球にかかった力で眼窩底が骨折することもあります。

目に打撲を受けて、異常を感じたら医療機関で検査してもらった方が良いでしょう。

 

軽い打撲であれば、1~2週間程で腫れと痛みがひきます。
しかし、青紫色のあざが、1か月以上消えずに残ったり、変形がみられる場合は骨折の可能性があります。

骨折をしていても、見た目では判断できない場合もありますので、痛くて動かすことが出来ないときなどには、骨折も疑うようにしましょう。

打撲後の確認事項と応急処置

打撲は身体のどこにでも起きる可能性があり、受傷したときの対処法も部位によって異なります。

打撲を起こした時、どのような処置をすれば良いのかご紹介します。

適切な応急処置は、痛みや腫れを軽減するだけではなく、早期改善に繋がりますのでぜひ覚えておきましょう。

 

【打撲の対処法】

 

打撲をしたときにまずすべきことは、状況確認です。

 

・打撲をした状況
・出血の有無や量
・身体に変形部位があるか
・身体が動くか、歩けるか
・痛みの程度
・周りに人がいるか

などを確認しましょう。

多量の出血や変形していたり歩けない場合は、周りにいる人に救急車を呼んでもらうと良いでしょう。

救急車が来るまで、出血が多い場合は出血部位を圧迫して止血に努めましょう。
骨折箇所はむやみに動かすと、血管や神経を傷つけてしまう可能性があるため、動かさず安静の状態を保ちましょう。

 

我慢できる程度の痛みで動けるようであれば、応急処置を行いましょう。

適切な応急処置は、痛みを和らげ早期改善に繋がります。

 

【RICE処置】

 

RICE処置は、Rest(安静)、Icing(冷却)、Compression(圧迫)、Elevation(挙上)の頭文字をとったものです。

まずは患部を動かさないように安静し、アイシングを行いましょう。

圧迫は、腫れや出血を軽減するために、包帯やテーピングなどで圧迫しながら固定します。

20分ほどしたら圧迫と冷却をやめ、5分後にもう一度圧迫と冷却を行います。

この応急処置を行うことで、患部の炎症が最低限に抑えられ痛みの緩和・早期回復に繋がります。

武蔵境南口接骨院の【打撲】アプローチ方法

当院では、打撲に対して炎症期にはアイシング、圧迫、固定といったRICE処置を行います。

炎症期を過ぎた頃から温熱療法を行い患部を温め血を巡らせ、やわらかくさせていきます。

それにより、打撲によってできてしまった瘢痕組織(体内にできるかさぶたのようなもの)をなくし患部以外へ痛みが生じないようにします。

また、打撲前の状態に戻せるよう手技」「CMC筋膜ストレッチ(リリース)」を行います。

 

 

【打撲に対する施術方法】

 

■保険施術

スポーツ中や日常生活の中で直接的な外力による損傷(骨折・脱臼・捻挫・打撲・挫傷)を負った場合、健康保険など各種保険を使用し施術を行える場合があります。
炎症がみられる場合は、応急処置を施したのち、ハイボルト療法や患部を冷やしたり温めたりする温熱療法(温罨法)などでアプローチしていきます。

 

■ハイボルト療法

急性の症状や原因不明の痛みに対して行う施術方法で、直接深部の組織にハイボルト(高電圧)の電気を流すことにより組織や靭帯の回復を促します。
ハイボルト療法は即効性が期待できるだけではなく、原因探すための検査としても有効です。

 

■経穴(ツボ)へのアプローチ

筋肉にコリがみられる箇所や経穴(ツボ)に刺激を与え筋肉を柔らかくしていきます。
施術後の効果持続の目的や、金属粒などがついたテープを貼ることで自分でも刺激しやすいよう経穴(ツボ)の目印として施すこともあります。

 

■テーピング

パフォーマンスの向上、患部の動きのサポート、負荷の軽減など患者さんの目的と患部の状態により「ホワイトテープ」「キネシオロジーテープ」「スパイラルテープ」「ストリンテックステープ」などのテーピングテープを使い分けて施していきます。

 

■CMC筋膜ストレッチ(リリース)

筋肉や内臓、骨を覆っている「筋膜」に専用の器具(ステンレスでできたブレードなど)でアプローチしていきます。
筋膜の緊張や癒着をほぐすことで組織の回復力を高め痛みの軽減や可動域の改善が期待できます。

著者 Writer

著者画像
院長:佐藤 聡
生年月日:12月27日
血液型:B型
出身地:東京都東村山市
休日の過ごし方:野球やってます
この業界に入った理由:自分という人間を全てだしきれる場所だから
今後の目標:地域で1番元気で笑える格好良い接骨院づくり!!!
 

  関連コラム Column

   

当院おすすめメニュー Recommend Menu

当院のご紹介 About us

院名:武蔵境南口接骨院
住所〒180-0023 東京都武蔵野市境南町2-10-25
最寄:JR中央線「武蔵境駅」 南口 徒歩2分
(イトーヨーカドーの目の前)
駐車場:なし
                                 
受付時間
9:00〜
12:00
-
15:00〜
20:00
14:00〜
17:00
-
定休日は日曜・祝日です

【公式】武蔵境南口接骨院 公式SNSアカウント 武蔵境南口接骨院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】武蔵境南口接骨院 公式SNSアカウント 武蔵境南口接骨院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】武蔵境南口接骨院
公式SNSフォローお願いします!

  • 新しい施術のご案内をしています
  • 受付時間変更などのご案内をしています
  • LINE[公式]で施術のご案内配信中