ぎっくり腰でお悩みの方へ

ぎっくり腰によくある症状

  • 腰が痛くて
    動けない

  • しゃがんだとき
    腰がピクッと
    なる感じがした

  • 腰が抜ける
    感じがした

  • くしゃみを
    したら
    腰が痛く
    なった

ぎっくり腰は魔女の一撃と呼ばれています

 

ぎっくり腰は、突然腰に痛みが出ることは想像できると思います。
欧米では、突然前触れもなく痛みが起こることから「魔女の一撃」とも呼ばれています。


なぜ痛みが起こってしまうのか、詳しくご紹介していきます。

ぎっくり腰改善メニュー Recommend Menu

ぎっくり腰が起こりやすい状況について

ぎっくり腰と正しい症状名は「急性腰痛」と言います。

次のような状況のときにぎっくり腰は発生しやすいと言われています。


【ぎっくり腰の発生しやすい状況】

●重たい物を持ったとき
●くしゃみをしたとき
●物を拾おうとしゃがんだとき
●ベッドから起き上がろうとしたとき
●顔を洗おうと腰を曲げたときなど

 

 

【ぎっくり腰の原因】

 

●急性の筋膜性腰痛

急激な腰の筋肉の痛みを伴います。
急な動作により、筋の筋膜が伸ばされたり部分的な断裂が起こったりして生じます。

 

●腰椎椎間板ヘルニア

5つある腰の骨(腰椎)の間の椎間板が突出して神経を圧迫するものです。
片側の足のしびれも同時に発生します。

 

●腰椎圧迫骨折

骨粗しょう症により骨がもろくなることで、小さな外力でも腰椎が圧迫骨折を起こしてしまうことがあります。
お年寄りに起きやすく、なかなか骨折に気付かないことから「いつの間にか骨折」とも呼ばれています。

 

 

【ぎっくり腰の症状】

 

●安静時に痛む

ベッドで横になっていても、痛む場合があります。
特に仰向けで寝ていたり、うつ伏せで寝ていたりすると痛みが生じます。

 

●立位不能

立つことが困難で、誰かに支えてもらわないと立てません。
辛うじて立てるだけで、歩くことも困難な状態です。

 

●座位不能

横になっている状態から、座ることも困難です。
座っていると、腰が前屈した姿勢になるため痛みが強くなってしまいます。

 

●運動不能

急激な痛みのため、スポーツはもちろん動きが制限されます。
靴下を履いたりズボンを履いたりすることも困難になります。
重度の場合、1日中どこにも行けず家で寝たきりになる方もいらっしゃいます。

 

ぎっくり腰を予防するための方法について

 

ぎっくり腰は痛みが非常に強く、発症すると身動きが取れなくなってしまう場合もあります。

ではどうすればぎっくり腰を予防できるのでしょうか。
日常生活で少し気を付けるだけで発生確率を下げることができるのです。

 

【日常生活で工夫しましょう】

 

 

●ストレッチを行う

朝起きたときと夜寝る前に、ベッドの中でストレッチを行いましょう。

両ヒザを抱え込むようにして、身体を丸めてください。
足を曲げて、身体を左右に捻ることで腰の筋肉を伸ばすことができます。

 

●前かがみの姿勢はやめましょう

もともと腰が弱く、前かがみになっていると腰に負担が掛かってしまいます。
普段から腰をまっすぐに伸ばして、正しい姿勢をするように意識してみましょう。

 

●座る姿勢も気を付けましょう

座っているときの姿勢が悪いと、腰に負担がかかります。

特にソファーなどの柔らかいイスに座っていると、腰にかかる負担が大きくなります。
できれば食卓のイスのような、硬いイスに座った方が腰がまっすぐになりやすく、腰の負担が軽減されます。

 

●しゃがむときの姿勢を意識しましょう

しゃがむときはどのようにしゃがんでいますか?

腰を曲げてしゃがんでいませんか?

腰を曲げた状態で物を拾ったり、下にある荷物を持ち上げたりしてしまうと、ぎっくり腰になる要因になります。
しゃがむときは必ず膝を曲げるように意識してみてください。

 

●運動をしましょう

ウォーキングや体幹トレーニングを行い、腰の筋肉を動かしましょう。
腰の筋肉の血流が悪く硬くなってしまうと、ぎっくり腰の発生確率が上がります。
ストレッチとともに運動を行い、上半身を支えられる腰にしておきましょう。

武蔵境南口接骨院の【ぎっくり腰】アプローチ方法

当院ではぎっくり腰に対し、急性期は「ハイボルト療法」を行い炎症の抑制を図ります。

場合によってはアイシングをすることや動きを制限するため「コルセット」「テーピング」をおすすめすることもあります。

月に2、3名の患者さんがぎっくり腰を訴えてご来院されています。

特に季節の変わり目は患者さんの数が増加しています。

ぎっくり腰は何名かに担いでもらわないと来院することが難しいほど痛むこともあります。

当院では、急性期の対応はもちろんですが、再発しないための予防策もお伝えしています。

 

【ぎっくり腰に対する施術方法】

 

■ハイボルト療法

急性の症状や原因不明の痛みに対して行う施術方法で、直接深部の組織にハイボルト(高電圧)の電気を流すことにより組織や靭帯の回復を促します。
ハイボルト療法は即効性が期待できるだけではなく、原因探すための検査としても有効です。

 

■経穴(ツボ)へのアプローチ

筋肉にコリがみられる箇所や経穴(ツボ)に刺激を与え筋肉を柔らかくしていきます。
施術後の効果持続の目的や、金属粒などがついたテープを貼ることで自分でも刺激しやすいよう経穴(ツボ)の目印として施すこともあります。

 

■テーピング

パフォーマンスの向上、患部の動きのサポート、負荷の軽減など患者さんの目的と患部の状態により「ホワイトテープ」「キネシオロジーテープ」「スパイラルテープ」「ストリンテックステープ」などのテーピングテープを使い分けて施していきます。

 

■骨格矯正

お悩みの症状が身体のバランスの崩れや骨盤のずれにより生じている場合におすすめしている施術です。
その方にとって最適な身体のバランスへ導くことで負担の偏りを軽減を図ります。
肩こりや腰痛、慢性疲労に効果が期待できます。

 

■CMC筋膜ストレッチ(リリース)

筋肉や内臓、骨を覆っている「筋膜」に専用の器具(ステンレスでできたブレードなど)でアプローチしていきます。
筋膜の緊張や癒着をほぐすことで組織の回復力を高め痛みの軽減や可動域の改善が期待できます。

 

■超音波療法

筋肉の浅部や深部にミクロレベルの細かい振動を与えることで、肩こりや腰痛などの慢性的な症状から、ケガによる痛みの軽減に効果が期待できます。
施術の際には患部がほんのり温かく感じますが、痛みは伴いませんのでご安心ください。

著者 Writer

著者画像
院長:佐藤 聡
生年月日:12月27日
血液型:B型
出身地:東京都東村山市
休日の過ごし方:野球やってます
この業界に入った理由:自分という人間を全てだしきれる場所だから
今後の目標:地域で1番元気で笑える格好良い接骨院づくり!!!
 

  関連コラム Column

   

当院おすすめメニュー Recommend Menu

当院のご紹介 About us

院名:武蔵境南口接骨院
住所〒180-0023 東京都武蔵野市境南町2-10-25
最寄:JR中央線「武蔵境駅」 南口 徒歩2分
(イトーヨーカドーの目の前)
駐車場:なし
                                 
受付時間
9:00〜
12:00
-
15:00〜
20:00
14:00〜
17:00
-
定休日は日曜・祝日です

【公式】武蔵境南口接骨院 公式SNSアカウント 武蔵境南口接骨院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】武蔵境南口接骨院 公式SNSアカウント 武蔵境南口接骨院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】武蔵境南口接骨院
公式SNSフォローお願いします!

  • 新しい施術のご案内をしています
  • 受付時間変更などのご案内をしています
  • LINE[公式]で施術のご案内配信中