脱臼でお悩みの方へ

脱臼によくある症状

  • サッカーで
    転倒した際に
    肩関節が
    外れてしまった

  • 大きなあくびを
    した際に顎が
    外れてしまった

  • 脱臼を
    繰り返して
    しまっている

  • お風呂場で
    転倒した際に、
    肘関節を脱臼
    してしまった

脱臼は日常生活でも起こる可能性があります

 

脱臼はスポーツによる激しい外力を受けた際に発生しやすくなっています。

 

しかし、日常生活や仕事においても、転倒や転落によって脱臼してしまう可能性は十分にあります。

 

こちらのページでは、脱臼の原因や症状、対処法について詳しくまとめてあります。

適切な応急処置もご紹介していますので、ぜひ最後まで目を通してみてください。

脱臼早期回復メニュー Recommend Menu

脱臼の症状や原因について

脱臼は、関節を構成する骨が元の場所から外れてしまった状態を指します。

日常生活において脱臼をしてしまった場合は、早急な対処が重要です。

こちらでは、適切な対処法をご紹介する前に、まずは脱臼の種類や症状、原因について詳しく確認していきましょう。

 

【脱臼しやすい関節】

 

肘、顎、鎖骨部分も脱臼しやすいですが、多くの脱臼は肩関節に生じると言われています。

 

【脱臼の程度による分類】

 

脱臼は程度によって「完全脱臼」と「不全脱臼」に分けられます。

●完全脱臼

関節が完全に外れてしまったもの

●不全脱臼

関節の一部が外れてしまったもの(亜脱臼とも呼ぶ)

 

【脱臼の種類】

 

●外傷性脱臼

関節が正常可動域を越えて捻られた際に、関節が外れてしまったものになります。

肩関節では、外転(腕を挙げる)、伸展(腕を後ろに伸ばす)、外旋(後方に捻る)が強制された際に脱臼しやすくなっています。

スポーツ現場において、コンタクトスポーツの転倒時、テニスのサーブ、柔道の背負い投げなど肩が後方に強く捻られる際に発生しやすくなっています。

●病的脱臼

病的な変化によってわずかな外力、もしくは外力なしで関節が外れてしまったものになります。

●麻痺性脱臼

脳血管障害による麻痺によって関節が緩くなり、脱臼してしまったものです。

●拡張性脱臼

急性化膿性股関節炎股関節結核などによる炎症で関節が拡張し、脱臼してしまったものを言います。

●破壊性脱臼

関節リウマチによる関節の破壊によって脱臼してしまった状態になります。

 

【脱臼の症状】

 

●疼痛 、腫脹

血管の損傷によって患部が腫れてきます。
関節内に出血が溜まった「関節血腫」がみられることもあります。

●機能障害 、関節の変形

変形した関節を押してもまた元の位置に戻る状態を「弾発性固定」と呼びます。
一度脱臼すると関節を固定する靭帯が緩んでしまうため、再負傷しやすくなると言われています。

脱臼をした際の対処法について

日常生活において脱臼してしまった場合、どのように対処していけばよいのでしょうか。

こちらでは急性の外傷に重要な「RICE処置」と、脱臼の予防法についてご紹介していきます。

 

【RICE処置】

 

●Rest(安静)

関節まわりの損傷を広げないよう、患部を無理に動かさないようにします。

●Icing(冷却)

内出血を抑えるために、患部を冷却します。

●Compression(圧迫)

腫脹が広がらないように、患部をバンテージや包帯で圧迫します。

●Elevation(挙上)

腫脹が末端部分に溜まらないよう、患部を挙上します。

RICE処置はあくまでも応急処置になります。
できるだけ早めに接骨院・整骨院、専門の医療機関に行き、整復(関節を元に戻す施術)、固定をしてもらうようにしましょう。

 

【日常生活で行える脱臼の対策】

 

●テーピングで固定する

関節は一度脱臼すると、再負傷しやすくなると考えられます。
スポーツや肉体労働を行う際は、テーピングで関節を固定しておくと安心です。

●肩周りを筋力強化する

長期の安静によって、関節を支える筋力が弱くなってしまう可能性が考えられます。
専門家(接骨院・整骨院、医療機関)のアドバイスを元に、肩周りのトレーニングを行いましょう。

●脱臼肢位を避ける

肩関節は、外転、伸展、外旋によって外れやすくなっています。
日常生活において、これらの動きはなるべく避けるようにしましょう。

武蔵境南口接骨院の【脱臼】アプローチ方法

 

【脱臼に対する施術方法】

 

■保険施術

スポーツ中や日常生活の中で直接的な外力による損傷(骨折・脱臼・捻挫・打撲・挫傷)を負った場合、健康保険など各種保険を使用し施術を行える場合があります。
炎症がみられる場合は、応急処置を施したのち、ハイボルト療法や患部を冷やしたり温めたりする温熱療法(温罨法)などでアプローチしていきます。

 

■ハイボルト療法

急性の症状や原因不明の痛みに対して行う施術方法で、直接深部の組織にハイボルト(高電圧)の電気を流すことにより組織や靭帯の回復を促します。
ハイボルト療法は即効性が期待できるだけではなく、原因探すための検査としても有効です。

 

■CMC筋膜ストレッチ(リリース)

筋肉や内臓、骨を覆っている「筋膜」に専用の器具(ステンレスでできたブレードなど)でアプローチしていきます。
筋膜の緊張や癒着をほぐすことで組織の回復力を高め痛みの軽減や可動域の改善が期待できます。

著者 Writer

著者画像
院長:佐藤 聡
生年月日:12月27日
血液型:B型
出身地:東京都東村山市
休日の過ごし方:野球やってます
この業界に入った理由:自分という人間を全てだしきれる場所だから
今後の目標:地域で1番元気で笑える格好良い接骨院づくり!!!
 

  関連コラム Column

   

当院おすすめメニュー Recommend Menu

当院のご紹介 About us

院名:武蔵境南口接骨院
住所〒180-0023 東京都武蔵野市境南町2-10-25
最寄:JR中央線「武蔵境駅」 南口 徒歩2分
(イトーヨーカドーの目の前)
駐車場:なし
                                 
受付時間
9:00〜
12:00
-
15:00〜
20:00
14:00〜
17:00
-
定休日は日曜・祝日です

【公式】武蔵境南口接骨院 公式SNSアカウント 武蔵境南口接骨院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】武蔵境南口接骨院 公式SNSアカウント 武蔵境南口接骨院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】武蔵境南口接骨院
公式SNSフォローお願いします!

  • 新しい施術のご案内をしています
  • 受付時間変更などのご案内をしています
  • LINE[公式]で施術のご案内配信中