股関節痛でお悩みの方へ

股関節痛によくある症状

  • 動き始めに
    股関節が痛む

  • 足の付け根に
    痛みを感じる

  • 脚を動かせる
    範囲が減った

  • 股関節が痛くて
    あぐらがかけ
    ない

歩行時に足の付け根に痛みを感じたら

「立ち上がるとき」や「歩き始めるとき」に、
足の付け根に痛みを感じることはありませんか。

 

足の付け根にある「股関節」に不調を感じている方は、
中高年だけではありません。

 

動きに制限が生じてしまう「股関節の痛み」の原因とはどういったものがあるのでしょうか。

股関節痛改善メニュー Recommend Menu

股関節に痛みが生じる原因

股関節に痛みを抱え、行動に制限を感じている方は年齢を重ねるとともに増加傾向にあります。

中高年を悩ます股関節痛の原因の多くは「変形性股関節症」によるものだと言われています。
今回は、この「変形性股関節症」についてと、股関節に痛みを感じる原因についてご紹介します。

 

まずは股関節構造からみていきましょう。

 

【膝関節の構造】

 

股関節は骨盤の骨である寛骨(かんこつ)と太ももの骨である大腿骨(だいたいこつ)によって形成されています。

寛骨の関節部分がソケット状になっていて、大腿骨の頭の部分はボール状になっておりボールがソケットにはまったような構造をしています。

股関節の主な役割としては、「骨盤が傾かないよう安定させる」「歩行時に左右の身体の揺れを防ぐ」「関節をさまざまな方向に動かす」などが挙げられます。

 

【股関節に痛みが起こる原因】

●変形性股関節症

中高年以降で「脚の付け根に違和感」「可動域の制限」を感じたら「変形性股関節症」の可能性がとても高いです。

大腿骨の頭の部分にある軟骨が擦り減り、関節の炎症や骨の変形が起こることで痛みが生じます。

主な原因は、生まれつき寛骨のソケットが浅い「臼蓋形成不全(きゅうがいけいせいふぜん)」大腿骨の頭に起こる病気の「後遺症」「加齢」などが挙げられます。

 

●中殿筋損傷

お尻にある中殿筋と言う筋肉が損傷した状態です。
スポーツで方向転換しようと踏ん張ったときや、何かにつまずき踏ん張ったりしたときに発生しやすいケガです。

 

●使い過ぎ(オーバーユース)

部活動やトレーニングなどで過度に股関節周辺の筋肉を酷使してしまうと炎症を起こし痛みを感じるようになります。

サッカー選手に多くみられるグロインペイン症候群(鼠蹊部痛症候群)なども股関節に痛みが生じます。

 

●婦人科の病気

骨盤と近い股関節は、子宮筋腫や子宮内膜症などの婦人科の病気でも痛みが発生する場合があります。それは、子宮の痛みが股関節の痛みと錯覚しているためだと言われています。

股関節の周りの筋肉をほぐすことが大切です

股関節に痛みを生じるケガや病気はさまざまですが、股関節痛全体の原因の中で最も多い「変形性股関節症」について詳しく取り上げてみましょう。

 

【変形性股関節症の特徴的な症状】

 

●股関節前面の痛み

股関節の変形は、特に外側と前側に起こりやすいと言われています。
そのため股関節の前面(足の付け根)に痛みを感じることが多いです。

初期の段階では、違和感や軽い痛みを感じることが多いですが、進行するにつれ安静にしていても痛みを感じるようになります。

 

●太ももやお尻の痛みやつっぱり感

股関節痛を我慢しながら生活していると、股関節の周りの筋肉にも痛み生じるようになります。太ももの前面や後面、お尻の方にも痛みが広がっていきます。

 

●股関節の可動域の制限

股関節の軟骨がすり減り変形してしまうことで、股関節の機能が正常に働かなくなり関節の運動制限を感じるようになります。

「あぐらがかけない」「正座ができない」「足の爪が切れない」「靴下を履けない」など日常生活に大きな影響を及ぼします。

 

【変形性股関節症の予防法】

 

変形性股関節症の予防には、日常から股関節の周りの筋肉を柔らかくしておくことが大切です。

お風呂上りなどにストレッチを行うことを習慣にしてみましょう。
簡単なストレッチ方法をご紹介します。

①仰向けになり、太ももとふくらはぎがくっつくように膝を曲げます。
②その状態から手で太ももの内側を押さえて、股を開くようにしていきます。
痛みがひどい場合は中止してください。
③開いた状態で、20~30秒ほどキープしてみてください。

これを朝晩、3セットほど行うと効果的です。

 

その他にも、太もも周辺の筋肉を鍛えることで股関節に発生するダメージの軽減に繋がります。

 

武蔵境南口接骨院の【股関節痛】アプローチ方法

股関節痛でお悩みの患者さんは、ご年配の方からスポーツをしている学生さんまでさまざまです。

当院では、股関節痛でご来院される方に対して、骨格矯正」O脚矯正」を行っています。

インナーマッスルが弱まっている場合もあるので、MCE(モーターコントロールエクササイズ)」にてインナーマッスルへのアプローチを行うこともあります。

また、外反母趾によって筋肉や関節へストレスかかり股関節痛を発症している場合もあります。

その場合は、ストレスがかかっている箇所へのアプローチや、外反母趾に対してテーピングにて対処をしています。

 

【股関節痛に対する施術方法】

 

■ハイボルト療法

急性の症状や原因不明の痛みに対して行う施術方法で、直接深部の組織にハイボルト(高電圧)の電気を流すことにより組織や靭帯の回復を促します。
ハイボルト療法は即効性が期待できるだけではなく、原因探すための検査としても有効です。

 

■経穴(ツボ)へのアプローチ

筋肉にコリがみられる箇所や経穴(ツボ)に刺激を与え筋肉を柔らかくしていきます。
施術後の効果持続の目的や、金属粒などがついたテープを貼ることで自分でも刺激しやすいよう経穴(ツボ)の目印として施すこともあります。

 

■テーピング

パフォーマンスの向上、患部の動きのサポート、負荷の軽減など患者さんの目的と患部の状態により「ホワイトテープ」「キネシオロジーテープ」「スパイラルテープ」「ストリンテックステープ」などのテーピングテープを使い分けて施していきます。

 

■骨格矯正

お悩みの症状が身体のバランスの崩れや骨盤のずれにより生じている場合におすすめしている施術です。
その方にとって最適な身体のバランスへ導くことで負担の偏りを軽減を図ります。
肩こりや腰痛、慢性疲労に効果が期待できます。

 

■CMC筋膜ストレッチ(リリース)

筋肉や内臓、骨を覆っている「筋膜」に専用の器具(ステンレスでできたブレードなど)でアプローチしていきます。
筋膜の緊張や癒着をほぐすことで組織の回復力を高め痛みの軽減や可動域の改善が期待できます。

 

■ドレナージュ
【DPL】

足首のズレを整えたり、筋膜の癒着をほぐすことで循環不全による症状の緩和を目指します。
リラクゼーションではなく症状の改善手段として行い、むくみや冷えでお悩みの方に特におすすめしている施術です。

 

■O脚矯正

まずO脚になってしまっている原因を見極めていきます。
股関節が外側に開いていることによりO脚となっている場合、骨盤や恥骨、足首などを整えて改善を目指します。

 

■MCE(モーターコントロールエクササイズ)

腸腰筋(インナーマッスル)を鍛えることで、骨盤の後傾の改善を目指す運動療法です。
骨盤の傾きを正すことで、猫背姿勢からなる肩こりや腰痛の緩和が期待できます。
長時間同じ姿勢が辛い方、スポーツのパフォーマンスUPを目指している方におすすめの施術です。

著者 Writer

著者画像
院長:佐藤 聡
生年月日:12月27日
血液型:B型
出身地:東京都東村山市
休日の過ごし方:野球やってます
この業界に入った理由:自分という人間を全てだしきれる場所だから
今後の目標:地域で1番元気で笑える格好良い接骨院づくり!!!
 

  関連コラム Column

   

当院おすすめメニュー Recommend Menu

当院のご紹介 About us

院名:武蔵境南口接骨院
住所〒180-0023 東京都武蔵野市境南町2-10-25
最寄:JR中央線「武蔵境駅」 南口 徒歩2分
(イトーヨーカドーの目の前)
駐車場:なし
                                 
受付時間
9:00〜
12:00
-
15:00〜
20:00
14:00〜
17:00
-
定休日は日曜・祝日です

【公式】武蔵境南口接骨院 公式SNSアカウント 武蔵境南口接骨院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】武蔵境南口接骨院 公式SNSアカウント 武蔵境南口接骨院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】武蔵境南口接骨院
公式SNSフォローお願いします!

  • 新しい施術のご案内をしています
  • 受付時間変更などのご案内をしています
  • LINE[公式]で施術のご案内配信中