四十肩・五十肩でお悩みの方へ

四十肩・五十肩によくある症状

  • 腕が上がり
    にくく
    感じる

  • エプロンの紐や
    髪の毛を結ぶ
    動作ができない

  • 夜寝るときに
    肩が痛くて
    眠れない

  • 年齢とともに
    肩が回らなく
    なってきた

四十肩・五十肩と肩こりの違い

同じように肩に痛みを感じる「四十肩・五十肩」と「肩こり」ですが
その原因や症状は異なります。

皆さんを悩ます症状は、どちらでしょうか。

 

四十肩・五十肩は、年齢のせいだからと放置してしまうと
改善までに時間がかかることにも繋がります。

 

肩こりとの違いを知り、適切に対応していきましょう。

四十肩・五十肩改善メニュー Recommend Menu

四十肩・五十肩と肩こりの違い

中年期になると耳にする機会も多くなる「四十肩・五十肩」ですが、どのような状態でしょうか。

肩こりの悪化と考えている方も多いですが、その状態は全く異なります。

 

四十肩・五十肩は正式には「肩関節周囲炎」と言う病名がついていることからわかるように、肩関節周辺がなんらかの影響により炎症を起こしている状態になります。

中高年以降の方に発症することが多いため、四十肩・五十肩と呼ばれています。

 

【肩こりとの違い】

 

肩こりとの違いとしては、肩こりは「首や肩周辺の筋肉に緊張が生じ血行不良」が起こることで痛みやダル重さを感じるのに対して、四十肩・五十肩は「肩の関節に炎症」が起こり痛みや可動域の制限を感じるという点です。

 

【四十肩・五十肩の特徴】

 

四十肩・五十肩にはいくつかの特徴があります。

●夜間痛

四十肩・五十肩は、発症してからしばらく夜寝るときに肩にズキズキとした痛みを感じることがあります。
痛みが強く、睡眠不足を感じることもあります。

●腕の上げ下げが痛む

服を着替えるときなど、洗濯物を干すときなど腕を肩より上にあげようとすると痛みや違和感を感じ「腕が上がらない」と感じることも多いです。

 

【四十肩・五十肩の原因】

 

なぜ、肩周辺に炎症が起こるのか、四十肩・五十肩の原因は、明確になっていません。

しかし、次のようなことが誘因となり引き起こされていると考えられています。

 

●老化

四十肩・五十肩の症状は老化と密接な関係にあります。
肩は3つの関節と腱板、滑液包、靭帯、筋肉などが複雑に組み合わさっています。
中高年になると、肩を構成しているこれらの部位の強度が低下していきます。

すると筋肉や腱の柔軟性がなくなってスムーズに動かなくなり、肩関節が炎症を起こし痛みや可動域の制限を感じるようになります。

 

●運動不足

肩をあまり動かさないような生活を続けていると、肩と連動している首周りの筋肉が柔軟性を失い硬くなります。

すると血行不良により肩関節周辺が損傷しやすくなり、炎症に繋がります。

長時間のデスクワークなど、仕事や生活習慣が原因となっていることもあります。

 

「急性期」「慢性期」「回復期」それぞれの対処法

四十肩・五十肩は、改善までに時間を要します。

個人差はありますが、改善までに数か月から数年ほどかかる場合もあります。

 

しかし、長い間強い痛みを感じるというわけではありません。

四十肩・五十肩は、「急性期」「慢性期」「回復期」と言う経過をたどり緩和していきます。

それぞれの対処法をご紹介します。

 

【対処法】

 

●急性期

発症から2週間ぐらいは、急性期といって痛みが強い時期になります。

「夜間痛」により眠れないなどと感じたり、「手にしびれ」を感じることもあります。

対処法としては、無理に身体を動かさず「安静にする」ことです。
重たい荷物を持ったり無理に運動をするような動作は避けましょう。

 

また、炎症を抑えるため「冷やす」ことも有効です。
氷などをタオルで巻いて患部を冷やしましょう。

 

●慢性期

発症から2週間〜6か月ぐらいは慢性期に入り、痛みが引いて運動制限が強くなってくる時期です。

慢性期にそのまま動かないでいると、さらに運動制限が強くなってしまいますので、ゆっくりと少しづつ動かしていきましょう。

 

また、患部を温め血行を促進することも大切です。

組織が温められると、関節も動きやすくなり運動制限も改善しやすくなります。
サポーターをしたり温湿布を貼ったり、入浴するなどしてで患部を温めましょう。

 

●回復期

 

慢性期より痛みが引いてくるので、ストレッチなどを行い発症前の状態に戻していきましょう。

 

武蔵境南口接骨院の【四十肩・五十肩】アプローチ方法

当院では、四十肩・五十肩に対してハイボルト療法」超音波療法」でアプローチしていきます。

※もし、電気などを使用する施術が苦手な場合は遠慮せずお申し付けください。

ゆがみが原因で四十肩・五十肩の症状が出ている場合には骨格矯正」を行うこともあります。

骨格調整を行う場合でもボキボキするようなことはいたしませんのでご安心ください。

 

 

姿勢が悪いことにより、四十肩・五十肩の症状が悪化している場合もあります。
良い姿勢を保てるようトレーニングのお手伝いもさせていただいています。

 

【四十肩・五十肩に対する施術方法】

 

■ハイボルト療法

急性の症状や原因不明の痛みに対して行う施術方法で、直接深部の組織にハイボルト(高電圧)の電気を流すことにより組織や靭帯の回復を促します。
ハイボルト療法は即効性が期待できるだけではなく、原因探すための検査としても有効です。

 

■経穴(ツボ)へのアプローチ

筋肉にコリがみられる箇所や経穴(ツボ)に刺激を与え筋肉を柔らかくしていきます。
施術後の効果持続の目的や、金属粒などがついたテープを貼ることで自分でも刺激しやすいよう経穴(ツボ)の目印として施すこともあります。

 

■テーピング

パフォーマンスの向上、患部の動きのサポート、負荷の軽減など患者さんの目的と患部の状態により「ホワイトテープ」「キネシオロジーテープ」「スパイラルテープ」「ストリンテックステープ」などのテーピングテープを使い分けて施していきます。

 

■骨格矯正

お悩みの症状が身体のバランスの崩れや骨盤のずれにより生じている場合におすすめしている施術です。
その方にとって最適な身体のバランスへ導くことで負担の偏りを軽減を図ります。
肩こりや腰痛、慢性疲労に効果が期待できます。

 

■CMC筋膜ストレッチ(リリース)

筋肉や内臓、骨を覆っている「筋膜」に専用の器具(ステンレスでできたブレードなど)でアプローチしていきます。
筋膜の緊張や癒着をほぐすことで組織の回復力を高め痛みの軽減や可動域の改善が期待できます。

 

■超音波療法

筋肉の浅部や深部にミクロレベルの細かい振動を与えることで、肩こりや腰痛などの慢性的な症状から、ケガによる痛みの軽減に効果が期待できます。
施術の際には患部がほんのり温かく感じますが、痛みは伴いませんのでご安心ください。

著者 Writer

著者画像
院長:佐藤 聡
生年月日:12月27日
血液型:B型
出身地:東京都東村山市
休日の過ごし方:野球やってます
この業界に入った理由:自分という人間を全てだしきれる場所だから
今後の目標:地域で1番元気で笑える格好良い接骨院づくり!!!
 

  関連コラム Column

   

当院おすすめメニュー Recommend Menu

当院のご紹介 About us

院名:武蔵境南口接骨院
住所〒180-0023 東京都武蔵野市境南町2-10-25
最寄:JR中央線「武蔵境駅」 南口 徒歩2分
(イトーヨーカドーの目の前)
駐車場:なし
                                 
受付時間
9:00〜
12:00
-
15:00〜
20:00
14:00〜
17:00
-
定休日は日曜・祝日です

【公式】武蔵境南口接骨院 公式SNSアカウント 武蔵境南口接骨院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】武蔵境南口接骨院 公式SNSアカウント 武蔵境南口接骨院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】武蔵境南口接骨院
公式SNSフォローお願いします!

  • 新しい施術のご案内をしています
  • 受付時間変更などのご案内をしています
  • LINE[公式]で施術のご案内配信中