膝の痛みでお悩みの方へ

膝の痛みによくある症状

  • 動き始めや歩き始めに膝が痛む

  • 膝が痛くてしゃがむことができない

  • スポーツをしていて膝を捻ってしまった

  • 膝が痛くて正座ができずに困っている

膝の痛みは年齢だけが原因ではありません

膝の痛みは年齢のせいだと諦めていませんか?
もちろん年齢を重ねると
膝の痛みになるリスクが上がります。

 

しかし、スポーツをしている若い方にも膝の痛みは起こります。
今回は膝の役割と膝の痛みの原因や対処法をご紹介しましょう。

膝の痛み改善メニュー Recommend Menu

膝の痛みは子どもから高齢者まで発症するものです

 

【関節の変形が原因】

 

若い方や高齢の方に膝の痛みに悩まされる傾向があります。
若い方はスポーツ外傷やスポーツ障害で、高齢の方は膝の退行変性により起こる場合が多いです。


退行変性とは、骨や組織が加齢により徐々に消耗して、変形や変性が起こることを言います。

 

 


では、膝の役割と膝の痛みの原因をご紹介していきます。

 

【膝の役割】

 

膝の関節は太ももの骨である大腿骨(だいたいこつ)と、すねの骨の脛骨(けいこつ)、お皿の骨の膝蓋骨(しつがいこつ)で形成されています。荷重関節と呼ばれていて、身体を支えるための関節です。

 

しかし、その荷重関節であるにも関わらず非常に不安定な構造をしています。
そのため、関節の中にはクッションとして半月板(はんげつばん)と言う軟骨や、関節内外には靭帯があり関節を補強しています。

 

 

【種類別の原因】

 

●変形性膝関節症

大腿骨や脛骨、膝蓋骨にある関節軟骨が擦り減り、関節の炎症や骨の変形が起こるもので高齢の女性の方に多くみられる傾向があります。
関節の腫れ骨の内側の変形関節の可動域制限(関節の動きが悪い)により痛みが発生します。

 

●膝の捻挫による靭帯損傷

膝の関節には、さまざまな靭帯が存在します。
それらの靭帯がスポーツや転倒により、損傷して痛みに繋がります。

 

●膝蓋靭帯炎(しつがいじんたいえん)・腸脛靭帯炎(ちょうけいじんたいえん)

これは膝の関節周りにある、筋肉の端の部分である腱の炎症です。
スポーツ活動によるオーバーユース(使い過ぎ症候群)です。
スポーツ選手などに起こりやすいことから膝蓋靭帯炎は「ジャンパー膝」、腸脛靭帯炎は「ランナー膝」と呼ばれています。

 

●オスグット・シュラッター病

小学生くらいの若い方に起こる、お皿の下にある脛骨粗面(けいこつそめん)と呼ばれる骨の成長痛です。
その部分は太ももの筋肉が付着するところで、骨の成長に筋肉の成長が追い付かず、筋肉を引っ張ってしまうことで発症します。

 

原因別の対処法を知りましょう

 

膝の痛みの原因に対して、それぞれ適切な対処法があります。
正しい対処法をしないと、痛みが強くなる場合がありますので、注意が必要です。
炎症が強く腫れがあるのにも関わらず、温めてしまうと逆効果になります。
それぞれの原因に対して、適切な対処法をご紹介します。

 

【対処法】

 

●変形性膝関節症

膝が伸びにくくなっている場合は、イスに座って片膝を伸ばし、両手で膝のお皿を上からゆっくり押さえると効果的です。
また、痛みや炎症が強い場合はサポーターをすると、症状の改善が期待できます。

 

●膝の捻挫による靭帯損傷

靭帯が損傷している場合は、すぐに応急処置が必要です。
アイシング圧迫固定心臓より高い位置で安静にしてください。

 

●膝蓋靭帯炎(しつがいじんたいえん)・腸脛靭帯炎(ちょうけいじんたいえん)

炎症が強い場合は、患部をアイシングしてください。
痛みが強い場合は、痛みの原因となっている動きを中止する必要があります。

 

●オスグット・シュラッター病

太ももの前にある筋肉のストレッチが大切です。
ストレッチを行い柔軟性を上げることで、骨を引っ張る力が弱くなり痛みが軽減します。

 

●日常での対策

もし痛みがあり、関節の腫れがある場合は安静にしてください。
痛みも無く、腫れも無い場合は、ウォーキングなどの軽い運動をしたり、太ももの筋肉を伸ばすようなストレッチを行うといいでしょう。
ストレッチは長座の姿勢で手をつま先に付けるように前屈する方法(太ももの後ろの筋肉のストレッチ)と、うつ伏せで膝を曲げて足の甲を持ってかかとをお尻に付ける方法(太ももの前の筋肉のストレッチ)があります。

 

武蔵境南口接骨院の【膝の痛み】アプローチ方法

当院では、膝の痛みへのアプローチとして骨盤の矯正や大腰筋の調整などの施術を行っています。

 

患者さんは膝に原因があると思いがちですが、 膝の周りの筋肉は股関節付近の筋肉や大腰筋と繋がっているので、 インナーマッスルが弱いなど思わぬところに原因が隠れている場合が多いです。

 

骨盤のゆがみに左右差がある場合にも膝の痛みを発症していることもあります。 歩き方を改善するだけでも、膝の痛みが緩和することもあるので歩き方や効果的なストレッチの アドバイスも行っています。

 

【膝の痛みに対する施術方法】

 

■ハイボルト療法

急性の症状や原因不明の痛みに対して行う施術方法で、直接深部の組織にハイボルト(高電圧)の電気を流すことにより組織や靭帯の回復を促します。
ハイボルト療法は即効性が期待できるだけではなく、原因探すための検査としても有効です。

 

■経穴(ツボ)へのアプローチ

筋肉にコリがみられる箇所や経穴(ツボ)に刺激を与え筋肉を柔らかくしていきます。
施術後の効果持続の目的や、金属粒などがついたテープを貼ることで自分でも刺激しやすいよう経穴(ツボ)の目印として施すこともあります。

 

■テーピング

パフォーマンスの向上、患部の動きのサポート、負荷の軽減など患者さんの目的と患部の状態により「ホワイトテープ」「キネシオロジーテープ」「スパイラルテープ」「ストリンテックステープ」などのテーピングテープを使い分けて施していきます。

 

■骨格矯正

お悩みの症状が身体のバランスの崩れや骨盤のずれにより生じている場合におすすめしている施術です。
その方にとって最適な身体のバランスへ導くことで負担の偏りを軽減を図ります。
肩こりや腰痛、慢性疲労に効果が期待できます。

 

■CMC筋膜ストレッチ(リリース)

筋肉や内臓、骨を覆っている「筋膜」に専用の器具(ステンレスでできたブレードなど)でアプローチしていきます。
筋膜の緊張や癒着をほぐすことで組織の回復力を高め痛みの軽減や可動域の改善が期待できます。

 

■ドレナージュ
【DPL】

足首のズレを整えたり、筋膜の癒着をほぐすことで循環不全による症状の緩和を目指します。
リラクゼーションではなく症状の改善手段として行い、むくみや冷えでお悩みの方に特におすすめしている施術です。

 

著者 Writer

著者画像
院長:佐藤 聡
生年月日:12月27日
血液型:B型
出身地:東京都東村山市
休日の過ごし方:野球やってます
この業界に入った理由:自分という人間を全てだしきれる場所だから
今後の目標:地域で1番元気で笑える格好良い接骨院づくり!!!
 

  関連コラム Column

   

当院おすすめメニュー Recommend Menu

当院のご紹介 About us

院名:武蔵境南口接骨院
住所〒180-0023 東京都武蔵野市境南町2-10-25
最寄:JR中央線「武蔵境駅」 南口 徒歩2分
(イトーヨーカドーの目の前)
駐車場:なし
                                 
受付時間
9:00〜
12:00
-
15:00〜
20:00
14:00〜
17:00
-
定休日は日曜・祝日です

【公式】武蔵境南口接骨院 公式SNSアカウント 武蔵境南口接骨院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】武蔵境南口接骨院 公式SNSアカウント 武蔵境南口接骨院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】武蔵境南口接骨院
公式SNSフォローお願いします!

  • 新しい施術のご案内をしています
  • 受付時間変更などのご案内をしています
  • LINE[公式]で施術のご案内配信中