むくみ・冷えでお悩みの方へ

むくみ・冷えによくある症状

  • 夕方になると
    足がむくんで
    だるい

  • 朝起きると
    顔がぱんぱん
    になっている

  • 夏になっても
    手足が冷たく
    感じる

  • お布団に
    入っても
    手足が冷え
    寝られない

足のむくみや冷えにお悩みではありませんか

夕方になると「むくみ」を感じたり、夏になっても足先に「冷え」ていたり
このような症状の方は多くいらっしゃいます。

 

むくみや冷えは、病気や循環不良により発生すると言われ、
その症状以外にもさまざまな不調を引き起こします。

 

むくみや冷えの原因や予防法を知り、
むくみや冷えに悩まない生活を目指しましょう。

むくみ・冷え改善メニュー Recommend Menu

むくみと冷えの原因

「むくみ」「冷え」異なる症状ではありますが関連性が高い症状です。

冷えを感じやすい方は、ふくらはぎや足にむくみを感じている方が多いです。

そのため、冷えを改善はむくみの改善にも繋がります。

まずは、むくみや冷えを引き起こす原因からみていきましょう。

むくみや冷えは血流の循環不足だけでなく、病気が原因となっている場合もあります。

 

 

【むくみの原因】

 

むくみは、細胞と細胞の間に水分が蓄積されてしまうことで発生します。

悪化し慢性化すると、静脈の弁機能が低下し静脈瘤や皮膚潰瘍を引き起こすこともあります。

次のようなとき、むくみは起こりやすいと言われています。

 

●血流悪化

長時間同じ姿勢で動かずにいると血流が悪化し、血管から細胞と細胞の間に多くの水分が流れ出てしまいます。

特に長時間の立ち仕事、デスクワークでの座り仕事で脚にむくみを感じることが多いです。

その他にも、加齢により循環不良を起こしている場合や、運動量の減少により筋力が低下している場合、身体にゆがみがある場合、ストレスなども血流が悪化しむくみに繋がります。

 

●食生活の偏り

水分を多くとる方や、塩分をとり過ぎる方、過度なダイエットをしている方はむくみを起こしやすい傾向があります。

 

●病気の症状からのむくみ

むくみは、病気により発生している場合もあります。

健康な方でも、夜になると軽度のむくみは発生しますが、翌朝には改善されていることが多いです。
むくみがなかなか改善されない場合には次のような病気を疑ってみるとよいでしょう。

 

・エコノミー症候群
・リンパ浮腫
・肝硬変
・下肢静脈瘤
・腎機能障害

 

【冷えの原因】

 

冷えは、血液循環が悪化し血液が身体全体に行き届かないことで発生します。

循環不良は次のような原因から発生します。

 

●自律神経の乱れ

血液循環や体温を調節している自律神経の乱れると冷えに繋がります。

自律神経は、乱れた生活習慣ストレス運動不足などがきっかけとなり乱れやすくなります。
また、更年期過度の食事制限ストレスなどで女性ホルモンの分泌に変化が生じることでも乱れることがあります。

 

●基礎代謝が低い

冷え性は男性より女性の方が多い傾向があります。
これは筋肉量が少ないために基礎代謝が低いからだと言われています。
また、年齢とともに筋肉量と運動量が減少し代謝が下がることでも起こりやすくなります。

 

●日常生活におけるくせ

猫背などの悪姿勢がくせになっていると、骨盤がゆがみ血行不良を起こし末端まで血液が行き届かず冷えに繋がります。

 

●日常生活における積み重なった冷え

夏だからといって、薄着でエアコンをつけっぱなしにして、身体を冷やす食事ばかりをとる生活を送っていると、冷えを感じやすい体質になってしまうことがあります。

「冷えは万病の元」と言われるように身体にとってよいことはありません。
放置していると、頭痛や下痢、こむらがえり、不妊、免疫力の低下などさまざまな不調の原因となります。

原因別、むくみや冷え性の対処法

むくみや冷え性の対処法は、考えられる原因によって異なります。


自分の原因に照らし合わせ、最適な対処法を試し早期改善を目指しましょう。

 


【むくみ対処法】

 

むくみの対処法は、血流の改善・水分の調整の2つの方法があります。

 

●ストレッチやエクササイズ、マッサージをする

むくみの原因である血行不良を改善するためには、ストレッチやエクササイズを行うとよいでしょう。筋肉を動かし血流を改善しましょう。
マッサージは、末端から心臓方向に行うと効果的です。

 

●湯船にゆっくり浸かる

湯船にゆっくり浸かって身体を温めると、血流が促進されてむくみの改善が期待できます。

 

●塩分を控え、カリウムの多い食事をとる

塩分を多くとるとナトリウム濃度の調整のため、水分が蓄積されやすくなります。
また、カリウムはナトリウムの再吸収を抑制して、排出を促進させる働きがあるため、カリウムの多い食事をとり入れてみましょう。

ご紹介した方法以外に、姿勢を適度に変えること、足を少し高くして寝るなども、むくみの改善が期待できます。

 

【冷え対処法】


冷え性の対処法をご紹介します。
冷え性の原因によって対処法が異なるので、いろいろ試してみましょう。


●少しぬるめの湯船にゆっくり浸かる

40度前後の少しぬるめの湯船にゆっくり浸かって、血流を促進させましょう。
末端まで血液が行き届きやすくなり、冷え性の改善に繋がります。

 

●温かい食べ物を積極的にとる

体温以上の温かい食べ物をとるようにしましょう。

また、根菜類や豆類、鶏肉など身体を温める食べ物をとっても良いでしょう。
唐辛子などの香辛料が入っている食べ物もおすすめです。

 

●適度な有酸素運動を行う

適度な有酸素運動は血行を促進させるだけではなく、筋肉量が増え基礎代謝があがるため冷え性の改善に繋がります。

その他、規則正しい生活習慣を送ることやマッサージなども冷え性の改善におすすめです。

武蔵境南口接骨院の【むくみ・冷え】アプローチ方法

当院では、むくみ・冷えに対して患部だけへのアプローチではなく 頭(脳)からアプローチを行います。

さまざまな感覚のスタート地点は頭(脳)です。

そのため、ただ患部を刺激するのではなく、スタート地点からしっかり確認をしていきます。

患者さんの多くは働き盛りの年代の女性で、立ちっぱなしや、 座りっぱなしによって血流が悪くなってしまっていることが原因です。

そのため施術を行うだけでなく、食生活・生活習慣のアドバイスも行っています。

 

 

【むくみ・冷えに対する施術方法】

 

■ハイボルト療法

急性の症状や原因不明の痛みに対して行う施術方法で、直接深部の組織にハイボルト(高電圧)の電気を流すことにより組織や靭帯の回復を促します。
ハイボルト療法は即効性が期待できるだけではなく、原因探すための検査としても有効です。

 

■経穴(ツボ)へのアプローチ

筋肉にコリがみられる箇所や経穴(ツボ)に刺激を与え筋肉を柔らかくしていきます。
施術後の効果持続の目的や、金属粒などがついたテープを貼ることで自分でも刺激しやすいよう経穴(ツボ)の目印として施すこともあります。

 

■テーピング

パフォーマンスの向上、患部の動きのサポート、負荷の軽減など患者さんの目的と患部の状態により「ホワイトテープ」「キネシオロジーテープ」「スパイラルテープ」「ストリンテックステープ」などのテーピングテープを使い分けて施していきます。

 

■骨格矯正

お悩みの症状が身体のバランスの崩れや骨盤のずれにより生じている場合におすすめしている施術です。
その方にとって最適な身体のバランスへ導くことで負担の偏りを軽減を図ります。
肩こりや腰痛、慢性疲労に効果が期待できます。

 

■CMC筋膜ストレッチ(リリース)

筋肉や内臓、骨を覆っている「筋膜」に専用の器具(ステンレスでできたブレードなど)でアプローチしていきます。
筋膜の緊張や癒着をほぐすことで組織の回復力を高め痛みの軽減や可動域の改善が期待できます。

 

■ドレナージュ
【DPL】

足首のズレを整えたり、筋膜の癒着をほぐすことで循環不全による症状の緩和を目指します。
リラクゼーションではなく症状の改善手段として行い、むくみや冷えでお悩みの方に特におすすめしている施術です。

 

■産後矯正

妊娠・出産により骨盤周辺の筋肉が緩み開いている状態を正しい状態に戻す施術です。
産後の「腰痛」や「尿漏れ」「お腹周りのお肉」などのお悩み解消に効果が期待できます。
※産後矯正は骨盤周辺の筋肉が硬くなる前「産後半年」までの間に行うことをおすすめしています。

 

■季節調整

手技や温熱療法で、腸などの消化器官にアプローチし自律神経の乱れによる不調や花粉症の症状の改善を目指します。
花粉症は、症状が出始める1か月前ほどから施術を開始するとより高い効果が期待できます。
体質改善を図る目的で行う場合もあります。

 

■O脚矯正

まずO脚になってしまっている原因を見極めていきます。
股関節が外側に開いていることによりO脚となっている場合、骨盤や恥骨、足首などを整えて改善を図ります。

 

■猫背矯正

カウンセリング時に「背骨からきている猫背」なのか「巻き肩からきている猫背」なのかを確認をしてから施術を行います。
猫背矯正をすることにより姿勢の改善だけでなく、首や肩こり、頭痛などの身体の不調の改善効果が期待できます。
また、再発防止のために日常生活でのアドバイスなども行っています。

 

■MCE(モーターコントロールエクササイズ)

腸腰筋(インナーマッスル)を鍛えることで、骨盤の後傾の改善を図る運動療法です。
骨盤の傾きを正すことで、猫背姿勢からなる肩こりや腰痛の緩和が期待できます。
長時間同じ姿勢が辛い方、スポーツのパフォーマンスUPを目指している方におすすめの施術です。

著者 Writer

著者画像
院長:佐藤 聡
生年月日:12月27日
血液型:B型
出身地:東京都東村山市
休日の過ごし方:野球やってます
この業界に入った理由:自分という人間を全てだしきれる場所だから
今後の目標:地域で1番元気で笑える格好良い接骨院づくり!!!
 

  関連コラム Column

   

当院おすすめメニュー Recommend Menu

当院のご紹介 About us

院名:武蔵境南口接骨院
住所〒180-0023 東京都武蔵野市境南町2-10-25
最寄:JR中央線「武蔵境駅」 南口 徒歩2分
(イトーヨーカドーの目の前)
駐車場:なし
                                 
受付時間
9:00〜
12:00
-
15:00〜
20:00
14:00〜
17:00
-
定休日は日曜・祝日です

【公式】武蔵境南口接骨院 公式SNSアカウント 武蔵境南口接骨院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】武蔵境南口接骨院 公式SNSアカウント 武蔵境南口接骨院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】武蔵境南口接骨院
公式SNSフォローお願いします!

  • 新しい施術のご案内をしています
  • 受付時間変更などのご案内をしています
  • LINE[公式]で施術のご案内配信中